上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
3シーズンめ突入のヴィオレパルフェメです

ものすごく丈夫!

モリモリ育ちます

RIMG13235.jpg

見て! このお御足

新苗から育てても3年でこの姿に成長


お花は中輪~大輪の間ぐらいで

コンスタントに咲き続けます



こんな感じで咲き始めて、その後大きくなりながら、
白色の絞りが入ったり、退色したりしていきます

変化に富んでます

ヴィオレパルフェメ41blg

早めに切って花瓶に生けると

部屋がほんのりローズ香になります^^



優秀なバラさまです



30℃、晴れ、暑さにもめげず咲いてます






スポンサーサイト
久しぶりのアップです

先日国際バラとガーデニングショーにいきました

ドミニクローズさん、今年も人気だったみたいです


昨年購入したグリズリさま

こんなに元気に、房咲きになって

ローズとスパイスの香り豊かに咲いてますよ!

ご報告します^^


gurizuriblg.jpg


今年はドクトゥール マサド をお迎えしました

来年の今頃がまた楽しみです



30℃、晴れ、夏日




咲きましたよ。

春のヴィオレパルフェメ

ジャパニーズローズとはちょっと違う趣向

やっぱり

おフランスな感じ^^

感性豊かでおおらかなバラさまです


開花それぞれのステージにおいて

とにかく変化に富みます



咲き始め

赤紫が強く出ます

ヴィオレパルフェメ2

雨なので早速花瓶にさしました

河本さんのバラにも似ている感じで

ヒラヒラにやわらかく咲き始めます

ヴィオレパルフェメ1

また別の日ですが・・・

赤紫色が退色してくると同時にヒラヒラ感は増し
ふと花びらの底が白いことに気づき

同時に黄色の蕊が綺麗に見えてきます


ヴィオレパルフェメ3

また別の日に花瓶にさしていたものです

赤紫の退色がすすむと少し青紫気味になってきます

大胆に開いた花びらの優雅なこと


一本でいろいろ楽しめるバラさまのようです


香りは強くはないけど爽やかないい香り

樹形はシュラフということですが

ちょうど1年経った今も暴れず直立してます

樹勢は強く元気はいいほう

花径8~12センチぐらい

咲いているうちに大きくなっていきました


さすが海外で多くの受賞歴があるバラさまですね

今秋はもっと違うお姿を見せてくれることでしょう

情報が少ないバラさまですがなかなかの子です



23℃、雨



































今シーズンのマダムヒデさま

昨冬の剪定では

形を整えようと思いまして、

深く剪定していました。



4月に入って形よく枝が出ています。

マダムヒデ

マダムヒデの良いところは

枝が暴れないことです。

程よく広がり花枝が出てきます。



マダムヒデ1

つや消し緑色ですが、特に病気に弱いわけではないようです。

枝から葉の芯にわたって少し赤みがあって

色のバランスもグッド♪



マダムヒデさまは 早咲き種 なので

バラシーズンの先陣を切って咲き始めますよ


蕾の様子もまた アップしますね。

バラらしさが楽しめる、育てるのも難しくない、お勧めのバラさまです


17℃、晴れ~曇り









3シーズン目を向かえたエブリンさま。

ずっと木立仕様に選定してきましたが、

昨年の猛暑で夏以降のシュートが元気に伸びたので、

今シーズンはオベリスクに誘引してみました。

evrin_20130217105747.jpg


でも、根元のほうは幹が太くて硬いので、

うまくは出来ません。

上のほうの伸びたシュートをオベリスクのカーブに沿わせる感じで

やんわりクルクルしてみました。

鉢の高さプラス1.55メートルのオベリスクです。


あまりシュートの伸びが良くなかった下のほうは、

自己流に「段差剪定」(雑誌「花ぐらし」とか河合先生の剪定の本に記載がありました)

してみました。

全体的にお花が咲くといいな^^



evrin-b.jpg

前シーズンまでは、春開花時で鉢の高さも含めて1.3メートルにしています。

見下ろす感じで鑑賞できました^^



他の子はというと、

シャルトルーズドゥパルムさんの幹どうしがくっついていたので、

それぞれの間に、

剪定して不要になった枝をはさんで矯正です^^

もうチョッと離れてね^^

parumu_20130217105902.jpg



今日も寒いよ~ 6℃、曇り


















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。